市場調査で消費者の気持ちを知る

市場調査で消費者のニーズを捉えよう

物やサービスを売る企業にとっては、消費者が何を欲しいと思っているかを知ることが大切です。今何を必要としているかを街中で正確に把握することで、開発した商品や新しいサービスの需要があるかどうかを知ることができます。消費者のニーズがない商品やサービスを導入したところで、売れなくて赤字になってしまいます。
市場調査をすると、一部だけでなく、様々な条件の人のニーズを把握することができます。その為、全体的に売れる商品なのか、人気が出る商品なのかを販売する前から知ることができます。また市場調査の結果に基づいて商品やサービスを開発、提供することにより、会社の売り上げや業績が良くなることが多いです。
新しい商品やサービスを開発、導入しようと思っていたり、従来の商品やサービスの人気が低迷した時にも市場調査は役に立ちます。年々人気が出る商品や、消費者が必要としている商品、サービスは変化していきます。その変化を的確に捉えて、ニーズに応えることができる物を提供できる会社が売り上げや業績が良く、生き残りができます。その為、市場調査で消費者の現在のニーズを捉えて把握することは、企業にとっては非常に大変なことになるのです。

市場調査の方法

市場調査という言葉は聞いたことがあっても実際にどんなことをしているのかイメージしにくいところがあります。しかし多くの企業が市場調査を実際にしているのです。簡単に言ってしまえば、企業が提供する商品やサービスを売っていく為に世の中の意見を調べることが市場調査と言われています。
そんな市場調査の中でも一番メジャーなのがアンケート調査です。調査をする方もされる方も気軽に取り組むことが出来ますよね。その場で書いてもらうものの他に、郵送する場合や電話、インターネットを利用することもあります。ネット社会の現代ですから、若い世代へのアンケート調査であればインターネットが一番効果的かもしれません。
そして昔からの方法と言えば現地調査です。実際に現地で話を聞けるので住民の生の声を聞くチャンスです。他にも1対1で行う対面調査や質問者1人に対して複数の回答者がいる対面調査をすることもあります。アンケート調査に比べて数をこなすのが難しくはなりますが、実際に顔を見て話せるので本音を聞きやすくはなるかと思います。どのくらいの規模でどんな世代に調査をしたいのかによって一番最適な調査方法を選んでいくことが重要と言えるでしょう。